襲うは死語!女性をイカせるには?


「襲う」という言葉は既に死語

これからのキーワードは「リラックス」

です。

女と男にはセックス観に決定的な相違があると思う今日この頃。その差は、男性向けのAVと女性向けのAVに顕著に表れている気がします。

男性向けのAVでその気になるな

男性向けのAVを観過ぎて、そのとおりの世界だとは思わないよう気をつけましょう。

男性向けのAVの構成はこんな感じ。

エッチな雰囲気のあるお隣の人妻さんに悶々とする→ふとしたきっかけで興奮!→襲い掛かる!→「いやよ、やめて…!」

…と言いながら人妻さんも感じ始める。

人妻モノを例にしましたが、男性向けのAVは襲うというのが一種のキーワードになっている気がします。ですがこれは、

本気で女性をいかせたいならナンセンス。

注意が必要です。

女性向けのAVを参考にするとよくわかる

そして、女性向けのAVはというとこんな感じ。

男女がお互いに好きな状況→ふとしたきっかけで見つめ合う→キスからの愛撫→女の子が感じ始める。

そう、男性はセックスを想像するとき、「襲う」という言い方をしますが、女性は「襲われたい」なんてこれっぽっちも思っていないんです。

最初に断言しておきます。

激しい手マンは必要ありません。
なによりも気を付けてほしいものはムードです!

一体、どういうことなのか、以下まとめてみたいと思います。

イクときの女性の脳内

セックスをするとき、女性は脳で感じている、という研究結果があります。女性たちはオーガズムに達すると、シータ波といわれる脳波が脳全体に広がることが分かっています。

女性はイクとき、男性の10倍もの快感を感じるといわれていますが、彼女たちは脳内で、そして体全体で感じているんです。逆に言うと、男性のようにペニスだけを局所的に刺激したのでは、なかなか素直にイクことはできないのです。

「イヤなのに感じちゃう……!」というのはファンタジーの世界の話。

女性は脳が心地よいと感じる環境が整って初めて、安心してイクことができるのです。

では、女性が心地よいと感じる環境とはどんなものか例にあげてみたいと思います。

  • アロマをたいた部屋
  • いい匂いのベッド
  • ヒーリング効果のある音楽
  • ロマンチックな照明

お手本は女性向けのネイルサロンやマッサージ店のような感じでしょうか。

テーマは『癒し』。

女性をイカセたいと思ったら、室内を工夫するようにしましょう。実家暮らしの方などは、キレイなラブホテルやシティホテルを利用してもよいと思います。

女性をイカせるHの実践テクニック

冒頭で激しい手マンは必要ありませんと言った通り、女性をイカせるには特別なテクニックは必要ありません。

では、どうしたらいいのかと言うと、彼女をよく観察することから始めてください。

セックスの環境が整って、彼女は心地よいセックスに向けて気持ちを高めています。じっと彼女の目を見て微笑んだり、「好きだよ」と愛の言葉をささやきましょう。

これこそが大事な前戯なのです。

1彼女をいかせるには愛をささやけ

可愛い、愛している、好きだよ…。ふだんの生活ではなかなか言わないことを口に出してみましょう。

彼女の瞳が徐々にうるんでくるのが分かると思います。

女性が気持ちのいいセックスをするためには、リラックスを導くホルモンであるセロトニンと愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌され、副交感神経が優位になる必要性があります。あなたが愛の言葉をささやき、優しく見つめるだけで、彼女たちはゆっくりと感じることができるのです。

自分は愛されているのだと感じることにより、脳が満足し、イク準備をし始めます。焦らず、いきなり彼女の大事な部分に触れず、じっくりと前戯をしてあげましょう。

彼女が小さく声を出したり、体をくねらせたら「すごくかわいいよ」と褒めてあげます。

2耳が性感帯という女性は多い

男性は視覚、女性は聴覚で感じるという言葉もあるように、女性は耳からの刺激に敏感です。

彼女の耳元に口を近づけ、ふうっと息をふきかけたり、耳をやさしく舐めたりしてみてください。いやらしい音をわざと立てたり、刺激的な言葉をささやくのも効果的です。

すると、恥ずかしがっていた彼女も、徐々に大胆になっていくはずです。

3女はテクニックより雰囲気でイク

挿入後はじっと動かずにしてみることです。いきなりガンガン突いてる男性、とても多いとか。

彼女の大事な部分がたっぷりと濡れたら、挿入してもいいよ、の合図。ゆっくりと奥まで挿入したら、彼女の体を抱きしめて、じっと待ちましょう。

女性の膣はあなたのペニスの形を記憶して、その形にフィットするようにできています。入れてすぐに動かさず、じっとすることにより、彼女だけでなくあなたも気持ちよくなれるのです。

そしてついに彼女と結ばれたら、彼女の呼吸に合わせてゆっくりと動かしてみるようにしましょう。

こんな話があります。

”「イキそう」というと、腰の動きを速める男が多いけど、そうじゃない。
「イキそう」というのは、そのままのスピードで続けて欲しい、という意味だから”

女性をイカせるためには、

テクニックでイカせようとしないこと。

彼女と呼吸を合わせ、反復運動によって徐々に高みを目指しましょう。

女性がイッたかどうかはこうして確かめる

男性と違って、女性のオーガズムは分かりにくいと言われています。男性のようにピュッと精液がでるわけではないので、彼女の「イッちゃう」という言葉を信じるしかないという意見もあります。

しかし、注意深く彼女を観察するとイッたかどうか見分けることができるのです。

以下、女性がイクと現れるサインをまとめてみました。

プラットホーム現象
女性がオーガズムを迎える瞬間に、膣がギュッと引き締まる現象のこと。両脇のV字筋といわれる2つの筋肉が駅のプラットホームのように挟み込むために命名されました。
バルーン現象
女性がオーガズムを迎える直前に、膣の奥が膨らむ現象のこと。膣の奥を器のようにすることで、精液をためやすくする(妊娠しやすくする)体の本能なのだそうです。バルーン現象で膣の奥が膨らむと、ペニスが膣壁にこすれなくなるため、「おや?」と思う男性も多いそう。快感が突然なくなるという点から、ロストペニスとも呼ばれています。
セックスフラッシュ
女性はオーガズムの瞬間に、胸元がうっすらと紅潮する現象。おもに白人女性などの色白な女性に顕著に表れるそうです。

女性をいかせるまとめ

セックスというと、スリルや刺激といった言葉が連想されますが、女性の求めるセックスは対極にあるということが分かっていただけたでしょうか。

女性が求めているものは、リラックス。

彼女たちは安心できる男性と、安心できる場所で、穏やかな気持ちでセックスすることで、オーガズムに達することができるのです。

女子SPA!が25~39歳の女性300人に対して行ったネット調査によると、性的に絶頂した(オーガズムに達した)ことがある女性は、

なんと7人に1人しかいなかった

そうです。これはあまりにもかわいそう!

男性の皆さん、愛する女性をぜひ、イカセてあげてくださいね。

皆さんの性生活が素敵なものになるよう、応援しております!